黒染め化成処理加工

黒染め化成処理加工 とは…

鉄鋼をアルカリ性の薬液に浸漬し、その表面に四三酸化鉄皮膜を生成させ、表面を黒色にする化成処理方法です。また、処理後の寸法変化はほとんど(1ミクロン程度)ないため、寸法公差の厳しい製品に適しています。

クレーン式手動ライン

黒染め化成処理加工 アサヒメッキ

最大可能寸法: W1,000×D1,700×H800mm 最大500kg
(通常タンク)

W3,500×D600×H800mm 最大500kg
(長尺専用タンク)

ご注意点

  • 皮膜はそれほど強いものではないため、キズなど取り扱いに注意する必要があります。
  • 耐食性は、一般的なめっき処理等と比較し、強いものではないため、保管、取り扱いに注意する必要があります。弊社では、防錆力を確保するため、油性処理を行います。
  • 鉄鋼材料の種類により、黒色化になりにくいものがあります。傾向として、硬い材料ほど染まりにくくなります。